診療内容

青山通り歯科では様々な診療に対応いたします。
青山通り歯科では、みなさまのかかりつけ医となるように、安心して通い続けることができる治療と予防を目指しています。

むし歯治療

むし歯治療

歯だけにとどまらず全身の健康のためには、できるだけ削らない・抜かない治療が重要です。ただし、必要な部分を削らなかったり、リスクが高すぎる歯を無理やり残したりすることはもっと悪い結果を招く可能性があります。
そうしたことをしっかり見極め、患者さんがしっかりご理解いただけるようわかりやすくご説明して、最適な治療を選んでいただくことを優先しています。

詳細はこちら

歯周病治療

歯周病治療

定期的に徹底的な口内のクリーニング(お掃除)を受けていただいて、日々のケアのアドバイスもしっかり行います。歯周病治療では、ご自身のケアがとても重要です。歯みがきをはじめとするケアは毎食後、しっかり行う必要があります。もし毎週、歯科医院で徹底的なクリーニングを受けたとしても、ケアが必要な21回のうちの1回ですから、残りの20回はご自分でケアしなくてはなりません。
当院では、最適な電動ハブラシの情報や磨き方、フロスなどの使い方について、わかりやすくお伝えしています。

詳細はこちら

予防・メンテナンス

予防・メンテナンス

当院では、3カ月に一度の定期検診と徹底的なクリーニングをおすすめしています。もし検診でエラーがあれば治療を行いますが、定期的に受けていただいている方の場合、本当に初期のむし歯や歯周病で済んでいる場合がほとんどです。
当院では、予防のプロフェッショナルが歯を傷めにくい専門の器具を使ってクリーニングを行っています。定期的にクリーニングを受けることで、むし歯や歯周病のリスクを下げましょう。

詳細はこちら

親知らず

親知らず

通常の親知らずの治療であれば、当院で対応することができます。しかし、横を向いて生えていたり、深く埋まってしまっていたりなど、抜歯をするのに大がかりな手術が必要になる場合には、大学病院をご紹介しております。
対応できる治療の範囲は、患者さんで判断するのは難しいと思います。どんな方でもまずは一度、当院までご相談ください。

詳細はこちら

補綴治療

補綴治療

当院の補綴治療では、すぐに治療方法を決める必要はありません。様々な治療方法のメリットやデメリット、費用などをくわしくご説明し、次回以降の診療時までにお決めいただくスタイルを取っています。
ご自宅で、ご家族に相談されるなどして、一番ご納得できる治療法をじっくりお選びください。

詳細はこちら

歯が無くなってしまった方へ

歯が無くなってしまった方へ

歯が無くなってしまってもご安心ください。当院では痛みや違和感なく、トラブルが起こらないように、インプラントや様々な入れ歯をご用意しています。また、他院で作った物に対しての調整も検討いたしますので、ぜひご相談ください。

詳細はこちら

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

青山通り歯科では、患者さんとのコミュニケーションを重視しており、口内の状態や可能な選択肢についてわかりやすくご説明しています。 また、ご希望やご心配をしっかりうかがった上で、患者さんが納得できる選択ができるようにメリットやデメリットをきちんとお伝えしています。 特定の治療法を無理におすすめすることはいたしませんので、初めて入れ歯を検討される方でも安心してご相談ください。

詳細はこちら

根管治療

根管治療

歯の奥には、神経や血管などが集まっている「歯髄」と呼ばれる部分があり、歯髄が通っている部分は「根管」と呼ばれます。
根管治療とは、歯髄を除去し(いわゆる神経を抜くという治療です)、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行うことで、痛みや炎症を抑える治療のことです。

詳細はこちら

小児歯科・妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

妊娠中はホルモンによる口内環境や食事スタイルの変化があり、むし歯や歯周病になりやすい時期です。妊娠中のお口のトラブルは、胎児に影響したり、流産や早産につながりやすくなったりするとも言われています。
痛みなどが特になくても、一度検診にお越しいただくことをおすすめします。

詳細はこちら

歯ぎしり/食いしばり

歯ぎしり/食いしばり

食いしばりの癖を解消するためには、生活習慣の改善が不可欠ですが、これはライフスタイルによって効果の高い方法は大きく異なってきます。 また、現れている症状や懸念されるリスクなどによっても対処法は変わってきます。そのため、当院では患者さんのお話をじっくりうかがって、その方に合わせた具体的な方法をアドバイスするようにしています。

詳細はこちら

歯のトラブル

歯のトラブル

トラブルの原因は様々で、検査して初めて原因がわかることが多くあります。
いきなり「むし歯だ!」と焦らず、まずはしっかりとお話を聞かせてください。お口の中を拝見し、レントゲンなどで検査をしてみた結果、実は大がかりな治療が必要なかった、というケースも往々にしてあります。
もちろん、実際のむし歯や親知らずなどの歯茎の腫れで痛みが出ていた場合でも、応急的な対応が可能です。
ですが、ちょっとでも「おかしいな?」と思ったら、お早めにご連絡をいただければ、十分な時間を取らせていただくことができます。

詳細はこちら