審美(補綴治療)

笑顔からのぞく白い自然な歯のために、青山通り歯科ができること。
その価値を理解していただく事が審美治療の第一歩です。
金属とどう違うの? どっちの方が丈夫なの?どうしてセラミックが良いの?
ただ綺麗なだけじゃなく、予防や抗加齢の観点も見据えて長期的なケアが出来るのが、審美治療の本当の価値です。

補綴治療

笑顔からのぞく白い自然な歯のために、青山通り歯科ができること。その価値を理解していただくことが補綴治療の第一歩です。

金属とどう違うの?

ただきれいなだけじゃなく、予防や抗加齢の観点も見据えて長期的なケアができるのが、審美的な補綴治療の本当の価値です。

当院の補綴治療では、すぐに治療方法を決める必要はありません。様々な治療方法のメリットやデメリット、費用などをくわしくご説明し、次回以降の診療時までにお決めいただくスタイルを取っています。ご自宅で、ご家族に相談されるなどして、一番ご納得できる治療法をじっくりお選びください。

被せ物(クラウン)

オールセラミッククラウン

全体がセラミック(陶器)でできています。汚れが付きにくく、変色しないだけでなく、天然歯とほとんど見分けがつかないところが特長です。
当院で使用している素材は、従来の陶材の5倍の強度を持っているものを使用しているので、単体の被せ物であればどの歯でも適応可能です。また、金属アレルギーの方でも安心してお選びいただけます。

メタルボンドクラウン(陶材焼付け鋳造冠)

中にフレームとして金属が入っており、外から見える部分にはセラミックを焼き付けます。適合も非常によく長期的な美しさに優れ、強度もあることからセラミック製のブリッジはこのタイプが適応になります。ただし、金属アレルギーの方は注意が必要です。

ジルコニアクラウン

メタルボンドクラウンの金属の代わりに、「白い金属」と呼ばれる人工ジルコニアを使った被せ物です。金属を使っていないため、金属アレルギーや歯ぐきの変色といったリスクが一切ありません。透明感が非常に良く、特別な製法によりオールセラミッククラウンを上回る自然な美しさを得られます。

詰め物

セラミックインレー

セラミック製の白いインレーです。変色が(ほとんど)なく、汚れも付きにくい素材です(金属と違い割れやすいというデメリットがあります)。体に対しての親和性が非常に高いので、アレルギーの心配は全くありません。当院で使用している素材は、従来の陶材の5倍の強度を持っているものを使用しています。