小児歯科・妊娠中の歯科治療

小児歯科

きっと、本当はみんな出来る子。「歯医者嫌い」にしない予防と治療を。大人になってから大きな差がでます。

お子さんが歯医者嫌いになると、治療に尻込みして成長の過程でむし歯をひどくしてしまうケースがあります。せっかく大人の歯がはえてきても、それじゃあ勿体無い!そうならないためにも、子供の歯医者嫌いをなくすことも歯科医師として大事な使命だと考えています。歯医者さんが好きになって、自然と自分でケアをする習慣が身につけば、きっとお母さんの負担も減っていきます。

どの歯医者さんに行っても泣いてしまう、歯医者さんに行くのを嫌がるという子は、もう一度当院で チャレンジしてみませんか?

小児むし歯治療

小児むし歯治療

健やかな歯を育てていくことが、将来の印象にとっても大切です。
無理やりの治療は基本的に行いません。本人を十分にコミュニケーションをとりながら、無理のないように治療を進めて行きます。教科書的な対応ではなく、同じ目線になりながら信頼関係を築くことで、きっとそのまま素直に治療へと進んで行けるようになります。

小児予防治療

溝が複雑でむし歯になりやすい奥歯のシーラント、むし歯になりにくくすると同時に歯の質自体を強くするフッ素塗布、歯みがき指導、そしてお母さんに向けたお子さんの歯みがきチェックや仕上げみがき指導など、要望やお子さんの状態に合わせて様々な小児予防治療メニューをご用意しています。

小児予防治療

当院では、お子さんの矯正治療自体は行っていませんが、そうした見極めや、信頼できる矯正ドクターのご紹介や連携治療を行っています。いきなり専門医に行くのは気が進まない場合も、お気軽にご相談いただけます。

ご家族全員が生まれてくる赤ちゃんの健やかな成長のために

赤ちゃんにとってスキンシップはとても大切なものです。ところが、むし歯や歯周病は感染する病気であり、口移しや同じ食器の使用などによって感染してしまいます。

お母さんやお父さんのほか、お祖父さんお祖母さんなどご家族がむし歯や歯周病の治療と定期的なケアを受けることで、お子さんの感染リスクが大きく下がります。

お子さんの口内とお身体全体の健康のために、赤ちゃんができたご家族に向けた治療と予防を当院では行っています。ご家族全員でケアして、赤ちゃんの健やかな成長をバックアップしてあげましょう。

マタニティと授乳期の治療もお任せください

マタニティと授乳期の治療もお任せください

マタニティや授乳期のお母さんにも安心して受けていただける治療や予防を行っておりますので、ご安心ください。

妊娠中はホルモンによる口内環境や食事スタイルの変化があり、むし歯や歯周病になりやすい時期です。痛みなどがなくても、一度検診にいらしてください。

また、赤ちゃんが生まれてからではなかなか時間が取れないことも多いと思いますので、歯が生え始めた時のケアなどの情報を先にお伝えしています。

妊娠中の歯科治療

当院は広い診療スペースを設けており、エレベーターも完備しております。
そのため、ベビーカーでお子さんをお連れいただく方でも、気軽にご来院いただけます。

妊娠中の歯科治療

当院は広い診療スペースを設けており、エレベーターも完備しております。
そのため、ベビーカーでお子さまをお連れいただく方でも、気軽にご来院いただけます。

ファミリー歯科

妊婦さんへの治療

マタニティ期から赤ちゃんが生まれた後の準備を

マタニティ期から赤ちゃんが生まれた後の準備を

妊娠中はホルモンによる口内環境や食事スタイルの変化があり、むし歯や歯周病になりやすい時期です。妊娠中のお口のトラブルは、胎児に影響したり、流産や早産につながりやすくなったりするともいわれています。
痛みなどが特になくても、一度検診にお越しいただくことをおすすめします。
妊娠後期になると、診察用チェアーに座っての治療も大変になってきます。妊娠中期頃の体調が安定しているタイミングでお越しください。治療中にご気分が悪くなった場合などは、遠慮せずお申し出ください。女性スタッフがサポートいたします。

小さな赤ちゃんの歯を守るために

赤ちゃんにとって、スキンシップはとても大切なものです。ところが、むし歯や歯周病は感染する病気であり、口移しや同じ食器の使用などによって感染してしまいます。

お母さんやお父さんのほか、お祖父さんやお祖母さんなどのご家族が、むし歯や歯周病の治療と定期的なケアを受けることで、お子さんの感染リスお子さんのお口とお身体全体の健康のために、当院では、赤ちゃんができたご家族に向けた治療と予防を行っています。ご家族全員でケアして、赤ちゃんの健やかな成長をバックアップしてあげましょう。

マタニティ期から赤ちゃんが生まれた後の準備を

妊娠中はホルモンによる口内環境や食事スタイルの変化があり、むし歯や歯周病になりやすい時期です。妊娠中のお口のトラブルは、胎児に影響したり、流産や早産に繋がりやすくなったりするとも言われています。
痛みなどが特になくても、一度検診にお越しいただくことをお勧めします。

妊娠後期になると、診察用チェアに座っての治療も大変になってきます。妊娠中期頃の体調が安定しているタイミングでお越しください。治療中にご気分が悪くなった場合などは、遠慮せずお申し出ください。女性スタッフがサポートいたします。

小さな赤ちゃんの歯を守るために

赤ちゃんにとって、スキンシップはとても大切なものです。ところが、むし歯や歯周病は感染する病気であり、口移しや同じ食器の使用などによって感染してしまいます。

お母さんやお父さんのほか、お祖父さんやお祖母さんなどのご家族が、むし歯や歯周病の治療と定期的なケアを受けることで、お子さんの感染リスクが大きく下がります。

お子さんのお口とお身体全体の健康のために、当院では、赤ちゃんができたご家族に向けた治療と予防を行っています。ご家族全員でケアして、赤ちゃんの健やかな成長をバックアップしてあげましょう。