Q: Kさん 20代 女性

 

子供の乳歯についてなのですが、前歯に隙間があります。

全部永久歯に生え変われば隙間はなくなるのでしょうか?

 


 

 

A: 院長 矢島

 

乳歯の時期の歯並びは全体的に隙間があるのが正しい状態です。専門用語で「発育空隙」と言います。

これは、乳歯よりも永久歯の方が歯が大きいため、その大きな歯が生えて来るためのスペースをあらかじめ用意している状態なんです。

なので、逆に隙間なく全部の乳歯がキッチリと並んでしまっていると、生え変わりの際に十分なスペースが無く、八重歯のようにズレて生えてくることになります。

また、極端にスペースが無い場合は、隣の歯に邪魔されて永久歯が生えてこられないケースもあります。

 

子供 歯並び 矯正

 

因みに、乳歯の前歯が抜け始める6~7歳から、11~12歳で永久歯の犬歯が生えそろうまでの時期は、前歯の隙間はかなり大きく位置も曲がっている為、見栄えはけして良いとは言えないでしょう。この時期を「みにくいアヒルの子の時期」といいます。

ですが、これも永久歯が生えそろうために必要なスペースを一時的に確保している状態なのでご安心下さい。最終的に永久歯が生え揃えば、その隙間も埋まります。

もしも心配なのであれば、1度お子さんの歯並びを拝見させて下さい。今後どうなっていくのか、ある程度の予想を立てることは可能ですよ。

 

 

青山通り歯科では、皆様のお口の中の悩みを随時募集しております。

何か気になっている事がありましたら「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご相談絡下さい。

その際、もしも質問内容をブログに掲載しても良い場合は「掲載可」と添えて頂けたら幸いです。

青山通り歯科